medi8

このブログについて

更新日:

著者:吉原さん

端的に言えば!

このブログは私の30年のマンガ読み人生の中で出会ってきたおすすめのマンガを紹介することが主な内容です。

楽しんだり、熱くなったり、悲しんだり、癒されたり、感動したりしたマンガ作品の数々。ぜひ皆さんにも読んでほしいという思いを込めて紹介していきたいと思います。

それでは、よろしくお願いします!

マンガをおすすめする理由

単行本で約8,000冊、雑誌で読んだだけの作品も含めればその何倍も読んできていますが、手元に置いてあるマンガは大体500冊程度です。何度かの引っ越しの中で必要なくなったマンガは処分してきました。

その際の取捨選択の基準は「将来、自分の子どもに読んでもらいたい」と思える作品かどうか、でした。

「マンガなんてわざわざ積極的に子どもに読ませなくてもいいだろう…」という考え方もあるでしょうが、私は自分自身の子どもの頃の体験から、マンガ本を子どもに読ませたい・読んでほしいと思っています。

それは、自身の人格形成にマンガが大きな役割を果たしてきたからです。

特に大人向けのマンガは、はじめは内容がわからなくても成長の過程で何度も読み返すことで次第に自分の血肉となっていきました。

あきらかにマンガには人に良い影響を与える力があり、自分の経験の中から特におすすめしたいマンガを紹介します。

ブログの対象者

もともとはわが子を意識して書きはじめようと思ったブログではありますが、もちろんいろんな方に読んでもらいたいと思っています。

その上で、特にあまりマンガを読んでこなかった方たちに伝わると嬉しいです。

マンガは「週刊少年ジャンプ」しか読まない、という方は大人になっていくと同時にマンガを読まなくなってしまうことも多かったのではないでしょうか。

(他に楽しいこともいっぱいありますし、部活に勉強にどんどん忙しくなっていきますしね)

しかし、マンガの海は広大で、あなたの鑑賞にたえうるマンガ作品、また心に刺さるマンガ作品も数多く存在しています。

悲しいかな、今は子どもですら「マンガの読み方がわからない」という話が聞かれます。

マンガに出会い、マンガに育てられた私としては寂しい限りで、これからのマンガ界の隆盛にも関わる大きな問題だと思っています。

「消費する」ものではなく、心を育てるものとして「マンガ」を読んでほしい。

素晴らしいマンガの裾野がもっと広がってほしい。

そんな思いがあるので、コアなマンガファンというよりも、あまりマンガを読んでいない方に読んでもらえるといいなと思っています。

(たくさんマンガを読まれる方とは、むしろ酒でも飲んで語り明かしたいですね!)

ネタバレについて

このブログは基本的にネタバレを禁じていません。

それは「物語を楽しんでほしい」というよりも、「作品のテーマを受けとってほしい」という考え方で紹介しているからです。

むしろ作品のテーマを伝えるために重大なネタバレをしてしまうことがあるかもしれません。

ですので、興味がある作品はそのページは読まないようにして、まずはマンガそのものを入手して読んでみてください。

本当に楽しみたいマンガ作品は、やはり先入観なく読むのが一番だと思います!

マンガ カタリスト・吉原さんの自己紹介

このブログについて←今ここ

マンガ カタリスト

マンガ歴

好きなマンガ家

マンガ以外の好きなもの

medi8

medi8

-プロフィール

Copyright© 吉原さんのおすすめマンガ , 2017 AllRights Reserved.