medi8

『プレイボール』にみる「無意味なルール」踏襲の愚-どうして練習中に水を飲んじゃいけないの?

更新日:

著者:吉原さん

「練習中に水を飲んではいけない」

もはや、そんな非科学的な野球部も姿を消しただろうと願うばかりですが、『プレイボール』の時代は1970年代ですので、バリバリに上記の掟が生きていました。

この事例を取り上げながら、組織が「無意味なルール」を踏襲してしまうことについてもちょっと考えてみたいと思います。

それでは、よろしくお願いします!

"水を飲んではいけない"という常識

まずは、さっそく件(くだん)の出来事を確認してみましょう。外野ノックの途中で、太田先輩が水を飲みに行きました。

谷口「太田さん だめですよ 練習中 そんなに水を飲んじゃ」

『プレイボール』練習中の水飲み禁止1

谷口「もうすこしがまんしてくださいよ いくらお湯だって そうガブガブやっちゃ 疲れますからね」

『プレイボール』練習中の水飲み禁止2

(集英社文庫/ちばあきお『プレイボール』6巻「偵察開始!の巻」)

ここ、墨谷高校では練習中の水飲みは"絶対にダメ"という強いルールではなかったようです。先輩だからということで気を使ったのかもしれません。

某有名プロ野球選手は、高校の頃、隠れて便器の水を飲んだそうなので、それと比べれば随分マシとは言えるでしょう。

さて。

太田先輩のようにこまめな水分補給をすることは、現代ではもはや常識と化しています。では、なぜ当時は練習中に水を飲んではいけなかったのでしょうか?

水を飲むとバテる?

一般的には「水を飲むとバテる」から、とされていました。なぜバテるのか?

その理由は、

  • 「体が重くなる」→余計なカロリーを使う
  • 「体が冷える」→余計なカロリーを使う

の2点に集約されるかと思いますが、本質的には「水を飲むのは甘え」という思想に支えられていたと言っていいんじゃないでしょうか。

科学的見地はもとより、実感や経験則すら根拠にしていないルールは、一体なにを拠り所としていたのかと考えると、「精神論」以外にはありえないのは自明の理ですから。

そりゃ、水を飲んだら元気でる

誰だって、追い詰められれば追い詰められるほど、自分の身体がなにを欲しているか本能的にわかりますよね?

「気分リフレッシュ 元気いっぱいだ」

日本体育協会資料「しっかり水分補給」

(日本体育協会/H23.『しっかり水分補給!元気に運動』「失われた汗の量を、体重計でチェック!」)

太田「だれもが水分をとりゃバテるってこともねえと思うんだがな」「おれなんざ ぎゃくに元気がでるくらいだぜ!」

『プレイボール』水を飲むと元気になる太田先輩

(集英社文庫/ちばあきお『プレイボール』6巻「偵察開始!の巻」)

上記のように、失われた水分(プラス糖分・塩分)を取り戻せば、元気いっぱいになるわけです。当たり前です。

太田先輩もしかり。ウソやサボりで言ってるんじゃないんです(・・・きっと)。悲痛な叫びなのです。

「異論を検討する度量」が大事

カッコよく言えば、「空気」に流されず、因習にとらわれず、率直に自分の身体と対話しての太田先輩の発言は、リーダーとしては真摯に耳を傾けるべきでした。表情から読み取るに、そのギリギリのところまではいっていたことも伺われ、谷口の誠実さを感じます。

谷口「そ…そうなんですか」

『プレイボール』水を飲むと元気になる太田先輩に驚く谷口

(集英社文庫/ちばあきお『プレイボール』6巻「偵察開始!の巻」)

と、思ったのもつかの間。

決めつけと思い込みは怖いもの。歯に衣着せぬ鬼軍曹・倉橋が頭ごなしに脅しをかけてきました。

倉橋「ほっときゃいいじゃないの 夏の大会には島田をつかやぁいいんだしさ!」

『プレイボール』水飲みをやめさせるべく圧力をかける倉橋

(集英社文庫/ちばあきお『プレイボール』6巻「偵察開始!の巻」)

ちょっと待った!倉橋くん。よくない!

この件に関しては、よくない!

いや、まぁ、「常識とされるもの」を振り払うのは本当に難しいことではあります。実際にそれを覆す際も、根回し必須だったりしますし。太田先輩はそれを怠りました。

それでも、この倉橋の態度はよくない。そして結果論的にも誤りでした。

「職場の常識」を疑うこと、これ常識ね

『プレイボール』では太田先輩が率直なもの言いをしていましたが、一般的な会社組織では、新入社員や中途入社の方が、同様の役割を果たすことが多いでしょう。

長年、社会人をやってらっしゃる方は分かる人も多いと思いますが、改めて仕事のやり方を見直す機会になるので、「異邦人」の率直な意見は大事にすべきです。

もちろん、新人などは料簡違いの意見を言うことも多いでしょう。が、それを頭ごなしに潰していては、発展などありえません。もはや組織の中にいる人では気づくことは困難なので。

リーダーやベテランほど、つどつど改めて検討してみるという謙虚な心が大事です。

アホみたいに時間をかけてやっていたことを、新卒のお兄ちゃん・お姉ちゃんがあっという間に解決することだって、あるかもしれませんよ。

実利より、これまでの担当者のメンツを優先するようであれば組織として終わってます。

熱中症による死亡件数第1位-野球部

現代では、ことあるごとに熱中症の危険が取りざたされています。

日本スポーツ振興センターのHPの言葉を引用すれば、「近年、学校の管理下における熱中症の死亡事例は、減少傾向となっていますが、未だ皆無とはなっていません。」とのこと。

中でも、ダントツで死亡者を出してきたのは悲しいかな野球部でした。

日本スポーツ振興センター資料「部活動別の熱中症死亡事例」

(日本スポーツ振興センター/「熱中症予防リーフレット」)

日本体育協会によれば、熱を逃がしにくい服装や長い練習時間、また単純に競技人口の多さが指摘されています。が、身近に野球部の練習中に倒れたり、亡くなったりする例を聞くとやはりゾッとします。

命が奪われるとなると、まったく無視できない影響力なので、指導する立場にある人には慎重な判断と正しい知識が必要なのは言うまでもないですね。

ブラック労働による自殺やうつ病に関してもそうなのですが、他人の人生に対してシャレにならない影響力を事実上持ってしまっているので、「常識」だの「普通は」だの「俺の若いころは」だのは管理職の甘え。

とりあえずプレッシャーを与える前に考えるべきことは、結構あるはずです。例えば、下記のリンク先のように。

参考:熱中症予防 声かけプロジェクト/なぜ名門スポーツ校の生徒たちは、炎天下でも猛練習が続けられるのか?

まとめ

私は学校の野球部に所属したことはありません。

野球の楽しさに目覚めたのが大学生の頃で、楽しく草野球をやっていただけ。自分がこんな目にあったことはないのです。

ですが、『プレイボール』のこの一連のくだりを見ると、胸がギュっとなります。
死ぬわけでなければ「こんなこともあったね」と、すまされる話かもしれませんが、少し身近に亡くなられた事例に接したので他人事に感じられませんでした。

これは『プレイボール』という作品の批判ではまったくなく、ただ単に「時代を描写」しただけであり、むしろ『プレイボール』は貴重な風俗資料としても価値があると考えています。

決して「名作」の揚げ足をとって、批判して粋がりたいわけではありません。ですが、今を生きる我々としてはやはりこういった面での反省点は見出していくべきです。

この記事については、野暮なツッコミのように感じている方もいらっしゃるかもしれませんが、そこは誤解されたくない。

ぶっちゃけたところ、嫌いなんですよ。頭ごなしに「偏った常識」を押し付けられるのが。人が死ぬほどの話だからなおさら。

これが平常運転とすると、昔の人は大変だったんだな、と心底思います。現代でも本質的にこれと近い事例をチラホラ見かけますけどね。愚かしい。

「時代を知る」資料としても、日々の仕事の振り返りのきっかけにも、『プレイボール』をおすすめします。

それでは、また!

試しに1冊!

楽天kobo【電子書籍】ちばあきお『プレイボール』1巻

Kindle【電子書籍】ちばあきお『プレイボール』1巻

完結・全巻セットで!

楽天kobo【電子書籍】ちばあきお『プレイボール』全巻セット

Kindle【電子書籍】ちばあきお『プレイボール』全巻セット

楽天【紙書籍】ちばあきお『プレイボール』全巻セット

Amazon【紙書籍】ちばあきお『プレイボール』全巻セット

Amazon【中古-紙書籍】ちばあきお『プレイボール』全巻セット

『プレイボール』の他記事

『キャプテン』(『プレイボール』)連載再開決定!谷口世代の主要登場人物のまとめ

『キャプテン』(『プレイボール』)連載再開決定!丸井世代の主要登場人物のまとめ

『キャプテン』(『プレイボール』)連載再開決定!イガラシ世代の主要登場人物のまとめ

medi8

medi8

-働く人におすすめマンガ
-, ,

Copyright© 吉原さんのおすすめマンガ , 2017 AllRights Reserved.