「 宮川さとし 」 一覧

『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」表紙

マンガの表現

『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』ことは猟奇的なのか?違うでしょ、という話

著者:吉原さん 非常に印象的なタイトルの、宮川さとし『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』 作者の自伝エッセイ的なマンガです。 本編については別記事(別記事①、別記事②)で触れましたが、ここ ...

母との思い出が地雷のように埋められている地元

家族問題におすすめマンガ

『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』身近な家族の死を受け入れるということ②

著者:吉原さん 末期がんの母を看取る、作者の体験的マンガ作品『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』の記事の続きです。 さて。 周囲の人間の心の準備ができていようといまいと人間は死ぬときは死ぬ ...

母がいない世界で生きる

家族問題におすすめマンガ

『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』身近な家族の死を受け入れるということ①

著者:吉原さん あれ? ちょっと待って。今、タイトルに引きました? ダメですよ、引いたら。 このタイトルを読んで引いてしまった人が想像するよりも、ずっと「いい意味で」ふつう。 ごくふつうの家庭。ごくふ ...

Copyright© 吉原さんのおすすめマンガ , 2017 All Rights Reserved.