「 2010年代 」 一覧

『砂の栄冠』暴走機関車ガーソ

マンガの人物

『砂の栄冠』もはやアイドル的存在。無能監督ガーソの魅力!

著者:吉原さん では、甲子園の手引に最適な『砂の栄冠』のご紹介の続きです。 前回は、高校野球の監督の特徴や、興行的な側面のご紹介もしましたが、今回はある意味この作品の”肝”。 自軍・樫野高校の監督、通 ...

『砂の栄冠』チームの気持ちは掴んだ!

スポーツ好きにおすすめマンガ

『砂の栄冠』高校野球観戦の手引に最適!甲子園見る前にこれを読め!!

著者:吉原さん 『砂の栄冠』。良いんだ、この作品。 作品の質の高さの割にあんまり話題にならなかったんですが、相当な作品ですよ。 いや、例えば大谷翔平選手がモデルの選手がライバルとして立ちはだかったり、 ...

『足利アナーキー』少数派の特徴

資料としてのマンガ

『足利アナーキー』抗争勝利条件の解説からみる人間心理への言及

著者:吉原さん 今回は、『足利アナーキー』における喧嘩の技術、抗争のお作法をご紹介します。 あっ!ちょっと待って。「興味がない」と思った人ももう少しだけお付き合い願えませんか?? 内容的には多分に人間 ...

『足利アナーキー』暴力はダメだ

バトル好きにおすすめマンガ

『足利アナーキー』生きる意味を問う哲学的不良マンガ

著者:吉原さん さて、前々回の記事で、以前書いた『足利アナーキー』の記事を再掲しましたが、無論まだまだ語り足りませんので続けます。 今日はそのテーマのひとつに迫ってみましょう。 つまり、なぜケンカをす ...

『HUNTER×HUNTER』解説中のクロロ1

マンガの表現

『HUNTER×HUNTER』能力バトルもので感じていた"違和感"を冨樫先生が払拭した件

著者:吉原さん いやー。2017年、6月。『HUNTER×HUNTER』が何度目かの連載再開をはたしましたが、相も変わらず面白いですね。 今回は、いわゆる「能力バトルもの」で私が感じていた"違和感"を ...

『足利アナーキー』喧嘩への熱

バトル好きにおすすめマンガ

『足利アナーキー』不良マンガの新境地!喧嘩の肌感覚あふれる意欲作

著者:吉原さん この記事は以前運営していたサイトにおいて、2011年1月16日に投稿したものをほぼそのまま転載しました。 吉沢潤一『マリア』が連載終了したことを受けて、改めて吉沢潤一先生というマンガ家 ...

『ヒストリエ』月の角度

マンガの表現

『ヒストリエ』恋愛の駆け引き描写の妙味④-岩明均ならではの超繊細表現!「時間経過」の表現に使われた「匠の業」

著者:吉原さん 1回、2回、3回とやってきて今回が最後の4回目。 本当はパパっと書いてしまうつもりだったんですが、皆目、不可能でした。 私のせいじゃない。岩明均先生のせいです。芸が細かすぎるんです。 ...

『ヒストリエ』エウリュディケ「地平線まで続く"自由"などありえない」

マンガの表現

『ヒストリエ』恋愛の駆け引き描写の妙味③-恋人たちの価値観の応酬と主導権争い。その幸せげな末路…

著者:吉原さん 前々回、前回とエウメネスとエウリュディケの別れ話を書いてきましたが、これまでは前哨戦。 エウリュディケが正面切って対応しはじめたここからが本題ですね。 それでは、よろしくお願いします! ...

『ヒストリエ』花嫁強奪宣言をするエウメネス

マンガの表現

『ヒストリエ』恋愛の駆け引き描写の妙味②-文字サイズと人物配置の巧みさ、さらりと語られる言葉に込められた尊厳

著者:吉原さん 前回に引き続き、たった10数ページの別れのシーンですが、なかなかマンガ語りが止まりません。 岩明均先生の作品は本当に細かいもんだから、いくらでもこんな話ができる。ゆえに本来こんなことや ...

『ヒストリエ』だまるエウリュディケ

マンガの表現

『ヒストリエ』恋愛の駆け引き描写の妙味①-視線から追うエウメネスとエウリュディケの間に満ちる「別れの気配」

著者:吉原さん 『ヒストリエ』は『寄生獣』で有名な岩明均先生による歴史大作であり、アレキサンダー大王の書記官・エウメネスの一生を描く作品です。 決して恋愛が主題となっている作品ではないのですが、その恋 ...

母がしんどい4

家族問題におすすめマンガ

『母がしんどい』支配と依存と自立の見本市。大人になって気づいたけれど、大人は案外大人じゃない

著者:吉原さん 今回は田房永子『母がしんどい』をご紹介します。 たまたま見かけた本で、タイトルが気になったので購入(私は体験記ものに惹かれる)。 結構TVや新聞でも有名になった作品だそうなんですが、そ ...

智佐おばさんの推理⑧

笑いたい人におすすめマンガ

『くも漫。』奥様刑事の事件ファイル-新感覚くも膜下出血ミステリー!「学はどこで倒れたか?」【後編】

著者:吉原さん さて、前回より続くミステリー仕立ての一遍の続編となります。 かなり条件が出そろってきましたが、皆さんはもう判断はつきましたか? それでは、さっそくいってみましょう。 新感覚くも膜下出血 ...

奥様刑事・中川智佐

笑いたい人におすすめマンガ

『くも漫。』奥様刑事の事件ファイル-新感覚くも膜下出血ミステリー!「学はどこで倒れたか?」【前編】

著者:吉原さん 前回の記事で、「3回くらい爆笑した」とか書いたわりにその根拠にほとんど触れていませんでしたね。 改めて、一番笑ったところをご紹介します。 それは、両親を含めた親族一同による「作者はどこ ...

くもマン

健康問題におすすめマンガ

『くも漫。』星野源ファンにもおすすめ!不覚にも笑いを禁じ得ない「くも膜下出血」闘病マンガの決定版!

著者:吉原さん 今回ご紹介するのは中川学『くも漫。』。 「くも膜下出血」を発症した作者の、発症前後・闘病生活が描かれた作品です。 一見するとわかりづらいタイトルの由来は、くまモンに似た「くも膜下出血」 ...

ネトウヨ中年童貞宮田2

その他の社会問題におすすめマンガ

『漫画ルポ 中年童貞』⑤現代の(亀)仙人か!?年収150万円の人生勝ち組ネット右翼・宮田(44)の場合

著者:吉原さん 第1回の『漫画ルポ 中年童貞』の記事では、中年童貞の概要を。 第2回の記事では、収入があって問題意識もないAKBアイドルオタク、増井を。 第3回の記事では、収入がなくて問題意識もない、 ...

Copyright© 吉原さんのおすすめマンガ , 2017 All Rights Reserved.