このサイトについて

プロフィール

「ヨシハライブラリ」について

氷河期世代のマンガ読みである私の30年のマンガ読み人生で記憶に心に残った作品を中心に紹介していく、「概ねマンガ書評・選書サイト」です。

※前身は「マンガ育ち」という子育てっぽいサイト。なんか性に合いませんでした。中年童貞の記事ばっかり読まれるし。

つまり、日本のマンガ文化が花開いた80~00年代くらいのマンガの中から吉原好みの作品をチョイスし、アーカイブ、ライブラリ的に残していきます。

60~70年代の作品もリアルタイムではありませんが、有名作品は結構読んでると思いますので、その辺もいくつか紹介しています。

翻って2010年代くらいからは新しいマンガはあんまり読んでいません。

それは目に見えてマンガ作品の多様性が失われてしまって、私の好きなマンガの息の根がどんどん止まっているから。

たぶん、業界全体に金が流れなくなっていることが原因なんだろうと思います。

マンガ家の志望者もどんどん減っているそうですね。

昔、お金の流れとともに「映画界→マンガ界」に人材が流れたそうですが、同じことが今起こっているのでしょう。

今は才能はどこに向かっているんでしょうかね。youtube?

いずれにしても人口自体が減っているわけですから、そういうところも地味に影響しますよね。

描き手も読み手も減るわけですから。

本屋でウィンドウショッピングをすることが趣味だったんですが、時とともに単一的で面白みのない画一的な売り場になってしまっている気がします。

マンガの森の生物相がどんどん貧困になっている感じ。

いたし方ないんでしょうが、寂しいものです。

(あんまりサイトの紹介になってなかった)